【SLJ】ブレードジギング【サワラ】

釣果を伸ばすコツは、釣れている人に「釣れている水深と、巻き方と、ジグの重さとカラー聞きに行き教えを乞うタイプ」三児の父たけもとです。

11/4 ブレードジギング(SLJ)サワラ狙いで出船。おせわになったのは

今回はお客様をアテンドした釣行なので①サワラを全力で釣る。②釣果にバラツキがある特殊な釣り方を検証する…です。

朝一、三投目で【まずは1匹確保】ふふふ、【サワラのタナ(水深)】が分かれば僕のもの。2連続でフィッシュ!これで本日の①は終了。続いて↓

1日を通して、【周りに誰もサワラからの反応が無いな】というタイミングで投入していましたが、ガンガン釣れている時はいかがなものかと投入♪

【落ち方(フォール姿勢)に問題あり】なので、最初はやはり青い人が…いい感じに潮が払い出し(船からジグが離れていくような潮)た、タイミングで【遠投】横にジグを長い時間引け、【本日のサワラのタナ】が分かっているので(このへんかなぁ~??)で

ここで、船長や同船したお客様に【そんなもんで釣れるか(笑)】とバレた所で終了。結論:水深が浅いのであれば比較的イージーに釣れることが分かりました。

 

【何度でも申し上げるお話し】私は釣具屋店員として、お客様に最もイージーに釣って欲しいという願いから時間をかけて釣り方やジグ、針などトライ&エラーを繰り返してきました。

リールからケムリが出るぐらい高速で巻いて下さい。

午前、調子の良かった【午前様たけもと】4本、午後から絶好調だった【午後T】さん竿頭で7-8本、サワラGETです。二人の共通点は【リールを速く巻きすぎて電気をビリビリ手に感じる】ぐらいの【高速巻き】です。

Tさんとは船首で、手がビリビリしますよね?雷じゃないですか?やばいですよね?とお互い「ピ〇チュウ」ではない事を確認して「キャビンへGo」その後、突然の豪雨!すぐ止みましたが【ちょっとビビりました】遊び相手が自然である事を痛感した今回の釣行となりました。

最後に全体の釣果です。サワラ16かな?17匹かも。サゴラ?数匹、サゴシ少々、メジ5匹ぐらい、ハマチ無限、ヤズ少々、真鯛2枚だったように記憶しております。リリースもたくさんしましたよ。

晴天ベタ凪で、これだけ釣れたら言う事無しの釣果です。まだまだ楽しめるブレードジギング♪良かったら、体感してみてください。また、今回は沢山のお客様とワイワイ楽しめた釣行になります。皆様有難う御座いました。タイミング合えば、またご一緒させてくださいね。

本日も当店のブログをご覧頂き誠に有り難う御座います。下記バナーは各SNSへジャンプします。疑問質問は右下にある電話番号をクリック♪商工センター店の場所はマップをタッチ♪また興味のある方はLINE@でクーポンをGETしたり、インスタグラムで新製品の情報をGETしたり、お客様にあった方法で当店をご利用下さい。
本日のBGM【ピカチュウのうた/ピカチュウ】

関連記事

  1. そうだ、管釣りに行こう

  2. ブリーデン エギマル入荷!

  3. *LINEクーポンは明日8日まで*

このページをスマホで表示

QR Code