ページ印刷

10月17日 タチウオテンヤ釣り 片名漁港 忠栄丸様

釣行日

10月17日

釣行者

スタッフ 早川

釣行場所

片名漁港 忠栄丸様

釣果

指2本~指5本まで約20本

タックル

ロッド:シマノ サーベルマスターエクスチューン82MH180

リール:シマノ フォースマスター600

メインライン:PE2号

リーダー:フロロ8~10号

テンヤ:ダイワ 快適船タチウオテンヤSS AG 60号、ハヤブサ 船太刀魚テンヤシングル50号(リーダーに中通し丸オモリ10号を追加)

エサ:塩締めイワシ

おや、、、?

よく見るタコベイトの下にはアシストフック(ティンセル付き)が、、、?

このチューニングが功を奏しました!!

タコベイトでしっかりとアピールしてタコベイト目掛けてバイトしてくる太刀魚もこの通り!!

加えてメインフックが下あごを捉えアシストフックが頬に掛かってバレを防止しやすくなっています(*’▽’)(写真で分かりにくくなってしまっていますが、、、)

そして!!!

皆様お気づきでしょうか

エサ巻きワイヤーがパープルという事に、、、

タチウオのイメージカラーといえばパープルですね!!実際パープルは実績のあるカラーとされています( ..)φメモメモ

よく市販であるタチウオテンヤのワイヤーと言えば無塗装のシルバーであることがほとんどです

釣り場到着直後に誰よりもいち早く釣れたのはこのワイヤーを使ったテンヤでした(゚∀゚)

タチウオは糸が歯で切れるのを防ぐためにワイヤーリーダーを使うと喰いが悪くなるといいます。つまり太刀魚からしてもワイヤーの存在を認識しているのではないかと考えて逆手に取った発想がワイヤーをもアピールの1つとしてしまおうというものでした(笑)

なんとまあアタリの増える事(笑)

ワイヤーの方がボロボロになるほど効果テキメンでした(゚∀゚)

残念なことに数本釣った後にこのテンヤは殉職されました、、、( ;∀;)

ですが!!!ここであきらめない早川。

気を取り直して予備のテンヤを結びなおしてパープルワイヤーでイワシをセット!

ドラゴンキターーーーー(゚∀゚)

指5本の文句なしのドラゴンでした!!

測ってみると105cmのナイスサイズでした(^^)

この後も納竿までパープルワイヤーオンリーで釣り続けました!!

さて今回の釣行でパープルワイヤーの有用性を見出す事ができました!!

でもでもパープルワイヤーなんてどこに売ってるの、、?

安心してください。かめやに売ってます(笑)

しかも198円で15m入り!!!(22年10月18日現在)

たったの198円で釣果に圧倒的な差が出るなら引き出しとして持っていた方が絶対良いですよ、、、(笑)

そして!!ワイヤーだけでここまで釣果が伸びたの!?と思う方もいると思いますが、、、

そうではないんですね

タチウオテンヤの魅力はなんといってもエサ釣りなのにルアー釣りに似た感覚でアクションをすることにあります

つまり!!!アクションが非常に重要になってきます。

しかし残念なことにこの記事が超大作になってしまう程早川的アクションには秘密がある説明になってしまうので、、、

気になった方は店頭で早川まで問い合わせください!!!

包み隠さずにこの日の有効アクションをお話しさせていただきます!!!

それではまた(^^)/

関連記事

  1. 2018.5.22 茅ヶ崎沖 アジ[合計78匹]

  2. 2018.8.19 越前の漁港 シイラ[合計1匹]

  3. 東京湾沖 シロギス約50匹

このページをスマホで表示

QR Code