2020年 ダイワカタログ入荷!鹿児島谷山店

かめや釣具谷山店ひきのです!!

 

さて、新年という事で皆様も気になっている「アレ」が入荷してくる時期になりました!!

今年の一番乗りはこのメーカー。

 

ダイワ 2020年カタログ

今年は紙面でのカタログ復活となったダイワです!!

 

去年はカタログなくて色々と不便だったのをぶつくさと営業スタッフにこぼしていると今年は復活するよ~って事でやっぱり全国的に不便だったみたいです。

まぁ、あんだけカタログページをDLしようと思ったら通信量も時間も膨大に食われますからね…。

というわけで序盤のスピニングリールの部分をピックアップしてご紹介!!

 

 

LUVIAS

あれ、これってバリスティックが後継機じゃないの?ってなった瞬間でした。

 

バリスティックとは一体…感を残していますが、ルビアスはルビアスのまま残るみたいですね!

 

イグジスト→マグネシウムボディのモノコック

セルテート→アルミボディのモノコック

ルビアス→ZAION製ボディのモノコック

と、今回のルビアスはカーボンを練り込んだ樹脂によるZAIONをふんだんに使ったボディを搭載のようです!!

強度面ではいわゆる金属系ボディには勝てませんが、モノコックにすることでギアサイズも上がり、また他パーツとくっつける部分がないので、ボディの歪みなどが出にくくなっていますので、今までのルビアス以上に酷使しても大丈夫そう…?

超軽量リールなので、個人的にはライトゲーム~エギングまでが本領発揮って感じです!

REVROS

安価なリールの決定版のレブロスもモデルチェンジです!!

中々変更ペースが早いなと思った物も、もう発売から5年が経ってるんですね…。

LTモデルになったことでかなりの軽量化になっていますので、とりあえず釣りを始めるのではあればこのリールが間違いなしナンバー1ですね。

ラインナップも以前と変わらず下から上までばっちりなのが嬉しい所。

 

SALTIGA

5年の時を経てダイワのソルトウォーターシーンを牽引するソルティガがフルリニューアル!!

遂にモノコックボディを搭載してギアのサイズ、厚みを増す事に成功。

今まではZAION製エアローターを採用していましたが、大型のヒラマサやマグロゲームなどでの「たわみ」が気になる、という事で、20ソルティガにはアルミ製エアローターを新規で搭載

更に過酷な状況に対応出来るようになりましたってことでカタログっぽいことは終了。

後は個人的な感想です。

ちょっと全体的にのっぺり感があるのでデザインは賛否両論かなーって感じですが、ドラグ回りがかなり変わっているので出来れば一回使ってみたいって気持ちは大いにあります。

特に以前は樹脂製だったドラグノブがアルミラジエーションノブが初期から乗っかってるって事排熱性能はめちゃくちゃ良くなってるんじゃないかな。

 

とはいえ、そこまでのドラグ性能を求めると鹿児島だと船からのカンパチからトカラ列島のGTくらいしかないのかなーと苦笑せざるを得ない状況ですが。

正直おかっぱりだと色んな部分でオーバースペックになりそうな予感です!

番手表記はシマノとおおよそ同じ物になりました。

個人的には10000Pが15ソルティガと同じでギア比4.2だと尚良しだったのですが、変わってしまった物に文句は言えません。

シマノが今年まで出していなかった14000Pが初期からあるのは良い事ですね。特に離島ジギングなどで6号を入れたい方が少なからずいるので間違いなく需要のある番手だと思います。

18000番以上になると鹿児島ではマグロキャスティングなどする場所がないので、いまいち需要に欠けるか。

最近だと玄界灘のヒラマサキャストも8号を巻くケースが増えているので、福岡など向けかもしれません。

 

 

と、まぁ全部を最初から上げてしまうとカタログの意味もなくなってしまうのでこの辺で!

お楽しみは実物を見ながらですね~って事でダイワカタログは店頭に並べています!!

シマノカタログは15日前後発送とのことでしたので、来週中にはお目にかかれるかしら。

関連記事

  1. 太刀魚ミャク釣りの最高峰?おもしろい仕掛け入荷しました!

  2. キス釣りコンテスト開催♪

  3. かっ飛びジグヘッド・ジョルティ入荷

このページをスマホで表示

QR Code